【パスポートだけでOK!】外国人に優しいポーランドの主要銀行3つと口座開設時の注意点

海外のお金 ポーランド

転勤や留学などでポーランドに長期間住んでいる人は、現地の銀行口座があると何かと便利です。

でも、どの銀行がいいのかよくわからないという人のために、今回はポーランドの主要銀行を3つ紹介します。

結論から言うと、ポーランドの会社に勤めている人は『MILLENNIUM Bank』か『ING Bank』、18〜26歳の学生は『MILLENNIUM Bank』、フリーランスなど日本からお金をもらっている人は『ING Bank』一択です。

パスポートだけで口座開設!ポーランドの銀行口座開設に必要なもの

ビザを持っていなくても、現地の社会保障番号を持っていなくてもポーランドではパスポートさえあれば口座を作られます。

ポーランドの銀行口座開設に必要なものは4点。
・パスポート
・日本のマイナンバー
・ポーランドの住所
・電話番号(ポーランドの番号が望ましい)

マイナンバーはポーランドの社会保障番号(PESEL)を持っていれば不要ですが、なくても日本のものでOK。

電話番号は、送金や口座へのログイン時の認証コードの確認などで必須です。ポーランドのSIMカードは約150円で買えるので一枚持っておくと何かと便利です。

ポーランドのおすすめSIMについては「【2019年度版】ポーランドの主要SIMとおすすめ格安SIM2つ」を参照ください。

口座開設までの流れ

パソコンで使い方を説明する女性

一般的な流れは、こんな感じ。

1, 銀行に行く
2, プランを選ぶ
3, キャッシュカードが自宅に届く

銀行にはいくつかの口座タイプがあるので、事前にネットで調べておく、当日担当者の方に相談するのもいいです。

個人的には、担当者を前にして何か勧められたら妥当な判断ができないことがあるので事前にある程度調べておくことをおすすめします。

銀行では、ほとんどのケースで英語を話せる人がいます。銀行に出向いてから口座開設まではだいたい30~40分です。

全ての手続きが完了すると、1週間後くらいに登録した住所にキャッシュカード(デビットカード付き)が送られます。

ポーランドのキャッシュカードには基本的にデビット機能がついているので、これで買い物ができます。

口座開設時の注意点

ポーランドの銀行では、口座維持費とデビットカード維持費として毎月200~400円ほど支払わなければいけません。

しかし、どの銀行も月に〇〇zl以上の支払い、〇〇zl以上の入金などの条件で無料になることが多いです。

ちなみに、今回はこの条件が甘い銀行を選んでいます。

あと、口座開設には母親など両親の出生地(旧姓なども)も聞かれることがあるので、メモしておいてください

ポーランドの主要銀行3つ

その1:MILLENNIUM Bank

銀行の窓口

Millennium Bankの支部

外国人には『Konto 360°』というプランがベスト。

口座開設はパスポートのみでOK、MILLENNIUM Bankのデビットカードがついています。

銀行の支店に出向かなくてもオンラインで口座開設が完結するのが特徴。申込書に必要事項を記入し、デビットカードなど必要なものの配達日時を電話で決めて終わりです。

下記の2つの条件を満たすと、ポーランド国内+海外※の全てのATM引出し手数料、口座維持費8zl(約240円)、デビットカード維持費7zl(約210円)が無料になります。
※海外のATMによっては手数料がかかる場合がある

・月1回のカード決済
・1,000zl(約30,000円)以上の入金

あと、18~26歳の学生には『Konto 360° Student』がおすすめです。

口座維持費は無料で、月1回のカード決済の条件のみ満たせばデビットカード維持費の月4zl(約120円)も不要です。

ポーランドで働いている、留学している人におすすめの銀行です。

MILLENNIUM Bank(Konto 360°)(英語対応)
MILLENNIUM Bank(Konto 360° Student)(英語対応)

その2:ING Bank

銀行のキャッシュカード

ING Bankのキャッシュカード

筆者が愛用しているオレンジが特徴の「ING Bank」。

口座開設にはパスポートが必要で、『Konto Direct 』というプランがおすすめ。

ING BankのATMと「Planet Cash」というメトロ駅などによくあるATMで手数料なしで引出し可能。その他のATMでも月に1回無料で引き出せます。

それ以外は1回の引き出しで2,5zl(約75円)です。

下記の条件を満たすと口座維持費の7zl(約210円)が無料になります。
・デビットカードで300zl(約9,000円)以上の支払い

月に300zlと仕切りが低いので、フリーの方などポーランドの企業で働いていないけれど銀行口座が欲しいという人に最適です。

ING Bank(Konto Direct)(ポーランド語のみ)

その3:PKO Bank Polski

銀行の窓口2

PKO Bank Polskiの支部

ポーランド最大手の銀行「PKO Bank Polski」。紹介した2つと同様にパスポートのみで口座開設ができます。

デビットカード維持費、PKO BankのATM引き出し手数料が無料の『PKO Zero』がいいです。他社ATMで引き出しをした場合は5zl(約150円)かかります。

PKO Zeroにはマルチ通貨機能というサービスがついており、米ドル、ユーロ、英ポンド、スウェーデンクロナなど10通貨の通貨変換手数料が無料になります。

旅先での買い物やインターネット上での支払いに対応しています。

対応通貨
・米ドル
・ユーロ
・英ポンド
・スイス・フラン
・スウェーデンクロナ
・ノルウェークロナ
・デンマーククロナ
・チェコクラウン
・ハンガリーフォリント
・クロアチアクーナ

月に1,500zl(約45,000円)以上の入金があれば口座維持費は無料に、300zl(約9,000円)以上のカード決済をすればデビットカード維持費はかかりません。

他の欧州の国で手数料なしで使えるのはメリットですが、学生やフリーランスなどポーランドで働いていない人にとってややハードルが高いのでおすすめしません。

PKO Bank Polski(PKO Zero)(ポーランド語のみ)

まとめ【ポーランドの銀行口座があると何かと便利】

いかがでしたか?今回は、ポーランドの銀行口座についてでした。

どれもデビットカード付きで条件さえ満たせば口座維持費もかからないので、ポーランドに中~長期住まれる方はぜひ検討してみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました