【バスや公園の中にも!】中欧・ポーランドのWi-Fi事情がヤバい【コンセント事情も】

パソコンとスマートフォンを操作する女性 ポーランド

ポーランドに観光や留学、ワーホリなどで来る際、どのくらいWi-Fiが使えるのか気になると思います。

今回は、そんなポーランドのリアルなWi-Fi事情について在住者目線で紹介します。

ポーランドのWi-Fi事情は日本よりもはるかにスゴイ

最近、日本でも東京オリンピックや2025年の大阪万博などを目標にたくさんのWi-Fiスポットが設置されています。

総務省は2020年の東京オリンピックに向けて約3万箇所のWi-Fi設備を目指すと発表しました。

しかし、Wi-Fi数は増えたものの利用開始まで面倒な登録が必要だったりそもそも繋がらなかったりとまだまだ課題が多いのが現状です。

ポーランドのWi-Fiは、日本よりも何倍も普及しておりWi-Fiだけでも十分生活できるレベルです。

しかも、誰でも簡単に利用できるので使い勝手も抜群です。(セキュリティ面の心配はある)

どんな場所にフリーWi-Fiがある?

ここで紹介するのは首都のワルシャワの情報がメインです。正直、Wi-Fiがない場所を挙げる方が難しいほど街中に普及しています

レストランやカフェはもちろんのこと、銀行や郵便局、大学や図書館にもWi-Fiスポットがあります。

・ホテル・ホステル
・AirBnb
・駅
・銀行
・ショッピングモール
・スーパー
・家具店
・電化製品店
・ファーストフード店
・河川敷
・ローカルな図書館
など

え、こんな場所にも?ポーランドのすごいWi-Fi事情

公園

緑が豊かな公園

ワルシャワ市内の公園

街中にはたくさんの公園がありますが、公共のWi-Fiが設置されている公園も多いです。

もちろん無料で時間制限はあるものの再度接続し直すと何度も利用できます。

Wi-Fiが飛んでいる公園には「HOT SPOT」などの看板があるので探してみてください。

バスの中

市内バスにも普通にWi-Fiがあります。速度も十分で移動中にインターネットが楽しめます。

USBポートがある公共交通機関

USBポートがついたバス

あと最近、USBポートを設置しているバスも増えており比較的新しいバスにあることが多いです。

地下鉄や路面電車にはWi-Fi・USBポートともにありませんが、電車には基本的に両方完備されています。空港などに行く際、電車を使うことがあると思います。

街中の宅配ボックス

街中にある宅配ボックス

日本でも最近増えている街中の宅配ボックスですが、実はここにもWi-Fiがあります。

ポーランドでは街の至る所に宅配ボックスがあり、どうしても今ネットが必要!!という場合に利用してみてください。

フィットネスジム

黒が基調のフィットネスジム

ワルシャワ市内のフィットネスジム

日本でもあるところはありますが、ポーランドではジムのWi-Fiは標準装備です。

Wi-Fiがないフィットネスジムを探す方が難しいです。

【おまけ】ポーランドのコンセント事情

Wi-Fi同様、ポーランドには至る所でコンセントを自由に利用できます。以前までUSBポートのついた公園のベンチもあったのですが…。

ポーランドではカフェやレストランなど室内でコンセントが使えない場所を探す方が難しいです。

まとめ:ポーランドのWi-Fi事情はすごいが、SIMは持っておいた方がいい理由

今回は、ポーランドのWi-Fi事情についてでした。

ポーランドではSIMカードが要らないほどWi-Fiは普及していますが、SIMカードは持っておいた方がいいです。

多くのWi-Fiスポットでは1回の利用の時間制限があるので、24時間ずっと繋がっているわけではありません。

スマホは何だかんだ言って携帯電話なので、ずっと繋がっている状態でないと持っている意味がありません。

また、ポーランドのSIMは約150円と激安なので持っておいて損はありません。

台風や洪水などの自然災害の緊急アラートも電話番号を持っておかないと受信できないので安全面を考慮しても必要です。

ポーランドのSIMカードについては「【2019年度版】ポーランドの主要SIMとおすすめ格安SIM2つ」を参考ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました