ノービザで半無限に住める?ポーランドの二国間協定について【体験談】

パスポートと鞄 ポーランド

ドイツやフランス、ポーランドなどに行く際、日本人はビザなしで90日間滞在できます。

これはシェンゲン協定によるもので、それとは別に日本とポーランドには【二国間協定】というものがあります。

今日は、二国間協定について筆者の体験談も含めて紹介します。

※本記事で紹介するのは二国間協定ルールに沿った解説です。最終判断は入国審査官によるのであくまでも自己責任でお願いします。

日本とポーランドの二国間協定とは

ワルシャワの景色

シェンゲン協定については知っている人が多いと思いますが、ポーランドもシェンゲン加盟国の1つです。

シェンゲン協定では、あらゆる180日間における最長90日までの滞在が認められています。ただ、ポーランドに来る際はシェンゲン協定よりも二国間協定の方が優先されます。

二国間協定では、継続して90日を超えない期間の滞在がOK。

つまり、90日滞在➡︎一旦出国➡︎90日滞在➡︎一旦出国➡︎90日滞在…これが繰り返し可能ということです。

シェンゲン協定と二国間協定の違いは、180日の間というのがあるかどうか。二国間協定では一旦出国して入国すればまた90日間合法に滞在できるということです。

大使館にはこのように記載されています。

なお、日本・ポーランド査免取極は、継続して90日を超えない期間の滞在につき査証免除を認めるものです。ポーランドから一旦出国し、その翌日にポーランドに再入国しようとする場合、出国日と再入国日が連続しているために、出国前の滞在日数と再入国後の滞在日数が加算されますので、ご留意下さい。

また、出国日と再入国日との間に2日以上の間隔を開けたとしても、再入国後の滞在期間が長期にわたると判断される場合には、国境警備隊が入国を拒否することもあり得ますのでご注意下さい。 

出入国で大切なのが2日以上空けること。筆者は2~3回この二国間協定を利用しましたが、最短で2日、長い時は5日くらい空けました。

いずれにしても、入国審査で怪しまれたことは一度もありません。

ルール上はポーランドに半永久的に住めるが..

継続して90日を超えなければ繰り返し住めるので、ルール的には半永久的にポーランドにいられます。

実際、ポーランドで会った友人もこの方法で1年以上滞在していましたが、特に問題もなく普通に過ごしていました。

ただ、当然リスクもあるので総合的に判断しましょう。

ポーランドの二国間協定を利用する際の注意点

ポーランドの出入国スタンプが必要

一旦出入国する際は、必ずポーランドのスタンプをもらわなければいけません。

これが重要で、ドイツやフランスなどのシェンゲン協定国ではなく、非シェンゲン協定国に行く必要があります。

近場だと、ウクライナ、ベラルーシ、イギリスなど。

日本に帰国する際も同じで、ドイツやフランス経由ではなくポーランドのスタンプをもらうためにポーランド⇄日本の直航便か非シェンゲン加盟国を経由します。

陸路より空路がベター

大きな飛行機

ウクライナとかは電車やバスでも行けますが、二国間協定を知らない入国審査官もいるのでなるべく空路を利用してください。

空港の入国審査官は制度を把握していることが多いです。

実際、ウクライナまで陸路で移動して面倒なことになったという話も聞いたことがあります。

あくまでも観光目的の滞在

二国間協定では、観光が目的なので当然仕事はできません。

入国審査の際も、観光である旨を伝えましょう。

他シェンゲン協定国には行かない

一応、二国間協定利用時でもドイツやフランスなど他シェンゲン加盟国には行けますが、日本とポーランドの協定なので制度自体を知らない可能性があります。

そうなるとオーバーステイになり得るのでポーランド国内にいた方が無難です。

ポーランドの入国審査でのポイント

日本のパスポート

今まで何度もポーランドに出入国をしていますが、ポーランドの入国審査はそんなに厳しくありません。

ビザ有無に関わらず細かく質問されることもないですし、無言でスタンプをポン!です。

まあ入国審査官によって異なるので一概には言えませんが、そこまで心配する必要はありません。

二国間協定では観光である旨を伝えたら基本的に断られる理由はないので、仕事とか恋人とか突っ込まれそうなことを言わない限り大丈夫だと思います。

恋人は時に微妙で、結局居候して出国しないと思われることもあるようなので、友人にしておきましょう。

基本的に入国審査では変に細かく説明するとややこしくなるので、観光目的なら観光、仕事なら仕事と滞在目的に沿って簡単に説明するくらいでOKです。

個人的には、ポーランドに限らずビザなしの際は捨ての復路航空券を購入しておきます。ポーランドならウクライナとかだと安く売っているので検討してください。

まとめ

今日は、日本とポーランドの二国間協定についてでした。

制度上は半永久的に住めますが、リスクはゼロではないので選択肢として知っておきましょう。ビザを取れる人は取るに越したことはありませんね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました